オリビアバートン腕時計のベルト交換、調整、電池交換可能な店舗は?

オリビアバートン腕時計

ロンドン発の腕時計ブランドであるオリビアバートンは、気品ある優雅なデザインと、シンプルな使い心地で人気の時計です。特に文字盤に猫や花のイラストをあしらったシリーズは注目されており、持っているだけで楽しい時計です。オリビアバートンを長く使うには、定期的なベルトの交換や調整が欠かせません。その方法についてご紹介しましょう。


オリビアバートンを長く使うために

オリビアバートンの文字盤に施された、繊細なイラストやデザインに一目ぼれされた方は多いのではないでしょうか。イギリスらしい優雅なデザインと、オフィスにつけていけるシンプルな外観の組み合わせは絶妙です。また、お値段が手ごろなのも魅力の一つ。ですが、腕時計を長く使うためには、ベルトの交換が必要です。ベルトが傷んでしまうと、文字盤の優雅さも相殺されてしまうからです。ベルトも腕時計の大切な一部です。長く使うためには、時期を見てベルトを交換しましょう。

オリビアバートンのベルト交換の仕方

ベルトの交換を決めたら、まず交換用のベルトを探しましょう。オリビアバートンのベルトは別売りでも販売していて、ネットサイトなどでも購入できます。元のデザインが気に入っているなら、できるだけ元のベルトに近いものを選びましょう。違うベルトに交換して、新しいデザインを楽しむのもいいかもしれません。その際には、ベルトのサイズに気を付けてください。

オリビアバートンの腕時計のベルトは、大きく分けてシンプルなデザインのものと、メッシュタイプのものとがあります。前者は、さまざまなカラーを選ぶことができます。また、注文すれば新しい穴を空けることができるので、腕のサイズの調整にも向いています。メッシュ素材はシルバーかゴールドのものが中心で、時計を一層ゴージャスに見せてくれます。アクセサリー代わりとして身に着けたい方に、おすすめです。

ワンタッチ操作でベルト交換

オリビアバートンのベルト交換は、ワンタッチ操作でできます。購入時に同封されていた説明書などを見て、購入した新しいベルトに付け替えましょう。もしベルトに調整用の穴が欲しければ、専門店で空けてもらった方が無難です。好きなベルトを選んで、オリビアバートンのスタイリッシュなデザインを楽しんでください。

ベルト交換だけでも楽しめる

オリビアバートンのベルト交換は、それほど難しくありません。また正規品の交換用ベルトも手に入れやすいので、探してみましょう。文字盤にぴったりのベルトを選んで、自分らしいオリビアバートンのデザインを楽しんでください。思い切って、新しいカラーのベルトに交換したり、メッシュでゴージャス感を出してみてもいいかもしれません。

腕時計の電池交換可能な店舗は?

オリビアバートンは文字盤のデザインが特徴的で、様々な人気ドラマの中でも着用されていたことで話題となりました。オリビアバートンは日本では比較的新しいブランドではありますが、SNSを中心に口コミで人気が急上昇しています。オリビアバートンの電池交換は時計店でできるのでしょうか?電池交換の方法などを詳しく紹介します。

洗練された大人の可愛らしさを演出

オリビアバートンは、文字盤に花や小鳥などの動物のデザインを取り入れているのがポイントです。他には見られない個性的なデザインですが、色合いは淡く落ち着いているので様々なシーンにマッチします。価格がリーズナブルなのも人気の理由の一つです。特に人気なのが文字盤に花と蝶を使用したデザインになります。デイジーの花を立体的に文字盤にあしらった腕時計もオリビアバートンならではです。洗練された大人の可愛らしさを演出できるため、幅広く人気を集めています。

オリビアバートンの電池交換の方法

オリビアバートンは日本クォーツ式の腕時計のため、電池の交換が可能です。クォーツ式の腕時計は誤差が少なく、振動やショックにも強いというメリットがあります。電池交換は自力で行うことも不可能ではありませんが、時計は精密機械なので専門知識がない場合には自分で電池交換を行うことはおすすめしません。故障などのリスクを避けるためには、時計店やデパートの時計売り場など専門店に頼むのが安心です。クォーツ式はメンテナンスにかかる費用も比較的安価なので、電池交換のコストも大きな負担にはなりません。電池交換を行う店舗によって交換料金は様々ですが、1,000円〜3,000円が相場となっています。

クォーツ式の時計を製作しているのは、実は日本とスイスのみです。そのためクォーツ式であれば日本国内で問題なく電池交換の対応をしてもらえます。腕時計の電池が切れた場合には、そのまま放置せずに早めに電池交換を行いましょう。電池からの液漏れなどのトラブルを回避するためにも、電池はきちんと取り替えるのがコツです。時計専門店であれば、その場で電池交換と点検を行ってもらえることが多いので交換の時間もかかりません。

しっかり電池交換して長く愛用しよう!

オリビアバートンはフェミニンで上品なデザインのため、多くの女性を魅了している腕時計です。オリビアバートンはクォーツ式の時計ですが、電池の寿命は3〜5年ほどだと言われています。時計の種類や機種によって電池の寿命は異なりますが、長く使用するためにも電池が切れたら、なるべく早く電池交換をおこないましょう。

深田恭子がドラマで着用の腕時計とは?

2019年の大ヒットドラマ「初めて恋をした日に読む話」、通称「はじこい」で女優の深田恭子さんが着用していた洋服やアクセサリーがかわいいと、ネットのまとめやSNSでかなり話題になっていました。最終回の時に着用していた腕時計、オリビアバートンもその一つです。同モデルはすでに販売終了していますが、他にもたくさん魅力的なモデルがあります。

オリビアバートンは腕時計以外も豊富

2012年に設立されたロンドン発のブランドです。設立者はリーザ・ベネットとジェマ・フェニングスの二人。ファッション業界での経験が豊富で女性を対象とした腕時計、ジュエリーを中心にデザインしています。トレンドを取り入れ女性らしくフェミニン感もあり、かつ素朴で上品なデザインになっています。腕時計以外にもブレスレット、イヤリング、指輪などもあり、価格もお手頃でデザインも豊富なのでコレクションして、その日のファッションに合わせて楽しむこともできます。

どこで買えるの?価格帯は?

2020年1月現在、日本に直営店がないためオリビアバートン日本輸入代理店や公式通販ストアを始め、楽天、アマゾン、zozotownなどで通販できます。実物を見て購入したい方は百貨店や大手電気屋、腕時計専門店でも扱っているところがあります。価格は1万円~3万円帯が多く、誕生日やクリスマスプレゼントにも喜ばれます。期間限定、コラボ商品、盤面の絵柄や素材違いもありますので、コレクションするのも楽しみの一つです。

人気のあるデザインは?

素材はローズゴールドやシルバーが多いですが、人気なのはローズゴールドで盤面の絵柄が花や蝶、季節柄の雪の結晶など丸形で女性らしいデザインが売れています。ベルトも革よりメッシュベルトのほうが人気があるようです。他にはシルバーで統一された革ベルトのシンプルなものや、黒で統一されたもの、盤面が猫や犬などの動物のものも人気があります。深田恭子さんが着用していたストーンが埋め込まれているタイプや、枠に花の細工が装飾されている個性的なデザインもあります。ベルトも各種販売されているので付け替えて自分オリジナルにもできます。腕時計と合わせてつけるためのジュエリーも、豊富にありますので組み合わせによって、さらに幅広いコーディネイトが楽しめます。

コーディネイトの幅も広がる

深田恭子さんのドラマにより注目を集めたオリビアバートンですが、デザインが豊富で女性が好むフェミニンなものから、シンプルなものまであるのでトレンドに左右されず使うことができます。またベルトを付け替えたり、ジュエリーと組み合わせることによりコーディネイトの幅も広がり、普段使いでも飽きることなく長く楽しめます。