ローズフィールドの取り扱い店舗は東京・名古屋・京都・大阪にある?

プリコネローズフィールド範囲

世界規模で展開しているオランダ発の腕時計ブランドとして、ローズフィールドが注目されています。シンプルなデザインや購入しやすい値段といった特徴を持つローズフィールドは、特に女性の間で人気が高い腕時計ブランドであり、日本国内で取り扱う店舗も増えています。ここでは、ローズフィールドの特徴と、取り扱い店舗などを中心に説明していきます。


オランダ発の腕時計ローズフィールドの特徴

オランダのアムステルダムで誕生した腕時計ブランド、ローズフィールドは、腕時計として最低限必要な機能だけを備えていることが特徴です。また、ニューヨークの現代的なファッションに影響を受けており、女性の腕を美しく見せることに特化した、シンプルかつ近代的なデザインとなっています。ファッションアクセサリーとして楽しめる高級感に対して、比較的安価な値段設定という、相反する要素を両立した腕時計ブランドが、ローズフィールドです。

ローズフィールドの中でも人気の高いラインナップ、ウェストビレッジでは、ストラップにヌバックレザーという柔らかい素材を使うことで、女性の細い腕に適合する、繊細さを表現しています。その繊細さは、時計本体のデザインや、ウォッチケースにも現れています。ローズフィールドが販売しているストラップの種類も、ピンクを始めとしてゴールドやブラウンなど、豊富なカラーから選べます。人気の高い腕時計ブランドといえば、多くが数十万円程度の価格設定になっていますが、ローズフィールドの場合、15,000円前後という低価格に設定されていることが特徴です。

取り扱い店舗は東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡にある

日本国内では、1976年にブルーベル・ジャパンという会社が、ローズフィールドの販売を開始しました。女性を中心に人気を高めていき、2017年以降、取り扱う店舗数が急激に増えました。池袋や新宿ルミネ店などの主要店舗で取り扱っている東京を中心として、名古屋・京都・大阪・広島・福岡など主要都市でも購入することが可能です。取り扱っている商品は、主にオランダなど世界各地で展開しているグローバルデザインとして販売されているものが中心ですが、一部の店舗では日本限定の商品も取り扱っています。

日本国内で限定発売された商品としては、2019年の「ボクシーXSコレクション」があります。丸みを帯びた角が特徴のデザインと最低限必要な時計機能を備えた時計として販売されています。日本国内では、ストラップがステンレスと国内限定のレザーから選べるといった、販売方法を採用しています。

国ごとに販売戦略を差別化していることが特徴

ローズフィールドを販売している国ごとに、販売戦略は多少異なります。腕を細く見せるためのシンプルなデザインや低価格設定など、女性向けの要素が強いローズフィールドにおいては、日本などその国でのみ購入できるラインナップも用意されています。販売する国によって、異なるラインナップを販売することで、ローズフィールド自体の価値をさらに高められます。

ローズフィールドの時計を使う上で必要な日付の調節

オランダのアムステルダムが発祥と言われるローズフィールドはデザイン性と機能性の高さから、著名人も多く愛用しています。このローズフィールドを利用する上で欠かすことのできない作業の一つが日付の調節です。そこで今回は、日付の調整が必要な理由を説明すると共に、作業における注意点について詳しく解説していきます。

時計の日付が変わる仕組み

腕時計は時代の移り変わりの中で進化を遂げ、デザインや機能性に特化した物も少なくありません。中でも主流となりつつあるのが日付の表示で、ローズフィールドのモデルにも採用されています。デジタル表示など時計の種類によっては瞬時に切り替わる物もありますが、アナログ表示のローズフィールドは24時前後に一定の時間を掛けて徐々に切り替わっていくのが特徴です。正常に作動していれば時間の経過と共に正しい表示になるので、日付が変わった瞬間に確認をした時に前日の表示になっていても気にする必要はありません。

アナログ時計は月の判別ができない

ローズフィールドのようにアナログの日付表示の時計を利用する場合に気を付けなくてはいけないのが月毎の日にちの違いです。アナログ時計はデジタルとは異なり、その月が何日まであるかを自動で認識する機能は備わっていません。そのため、うるう年のように1カ月が31日に満たない月でも31日まで表示してしまうので注意が必要です。うるう年の影響が出る2月以外にも、4月や6月のように30日までしかない月は複数回あるので、そのまま放置をしておくと日にちが大きくズレてしまいます。ズレを無くすために、該当する月は忘れずにリューズを回して調節をしなくてはいけません。

リューズを回して調節するときの注意点

リューズを回して手動で日付を変更する場合に気を付けなくてはいけないのが調節をする時間です。アナログ時計の日付の調節は原則午後8時から午前4時の間は行ってはいけない決まりとなっています。これは時間を掛けて徐々に日付が変わっていくアナログならでは注意点で、この時間帯に急速に針を動かしたことが原因で故障してしまうケースも少なくありません。そのため、できる限り夜間や早朝は避けて日中の時間帯に調節を行うことが最適と言えます。

時間を置いてから故障の判断をする

ローズフィールドの愛用者の中には、日付が変わった直後に時計を確認した時に前日の表示のままになっていることで故障と思い込んでしまう人も少なくありません。アナログ表示の時計はデジタルのような瞬時の切り替わりはできないため、慌てずにしばらく時間を置いてから再び確認をして、故障の有無を判断することが大切になります。

度々ドラマで芸能人が着用している

ローズフィールドは、オランダとニューヨークのファッション文化を融合し、時計とストラップを製造しているブランドです。2017年4月に日本国内での販売が本格化して以降、多くの日本人女性から支持を得ています。メディアに掲載され、話題になっているコレクションは少なくありません。そこで今回は、ドラマや雑誌で芸能人が着用したモデルを紹介します。

2019年、OLに大好評を博した秋冬モデル

2019年、Steady12月号にローズフィールドのアイテムが掲載されました。その中の1つ、BoxyコレクションQSNBR-Q036は、OL WATCH AWARD2019で特別賞を授与されました。OL WATCH AWARD2019では、現役OLにオススメのアイテムを厳正な審査に基づいて選定しています。ローズフィールドのQSNBR-Q036は、デザイン性と機能性が高く評価されました。レトロ調のスクエアケース、メタルリングが配されたネイビーのストラップは、女性の手元に華やぎを添えてくれます。

おっさんずラブ2in the skyに登場

おじさんたちの恋愛模様を描いた話題作・おっさんずラブ2in the skyにローズフィールドの時計が登場しています。広報の緋夏役を演じる佐津川愛美さんは、ローズフィールドWEGR-W75を着用しています。こちらのモデルは、円形の大きな文字盤が印象的です。直径33ミリメートル程度の文字盤は、ローズゴールドのインデックスと針が配置され、同系色で縁取りされています。グレーのレザーベルトが付き、気品が漂う女性を体現しています。スタイリッシュなデザインのため、幅広いシーンで役立つでしょう。尚、ベルトのカラーバリエーションが豊富なため、その日の気分に合わせてベルトを付け替えてみてはいかがでしょうか。

同期の桜の主人公が愛用していたモデル

2019年10月に放送がスタートしたドラマ・同期の桜では、主人公の北野桜役を務める高畑充希さんがローズフィールドの時計を着用しています。スーツ姿で登場する場面では、ほぼ毎回ローズフィールドのバワリーブラックホワイトシルバーを左手首に装着しています。こちらのモデルは、オフホワイトの文字盤にシルバーの装飾が施されたシンプルな仕様です。ベルトは、ブラックのレザーです。自身の信念を貫こうとする北野桜のイメージに合致しています。堅実派の女性、スーツを着用する機会が多いオフィスレディにピッタリの時計です。

ローズフィールドの時計で日々のコーディネートを格上げ

ローズフィールドの時計は、シンプルながらも品がよく、色々なシーンで役立ちます。カジュアルなスタイルはもちろんのこと、フォーマルな服装にも合わせやすいです。装着すれば、女性らしさを演出し、魅力を引き上げてくれるでしょう。いち早くメディアで紹介されたモデルをコーディネートに取り入れることによって、オシャレ上級者になれます。

ベルトの調整方法と付け方・外し方

腕時計は男性にとっても女性にとっても重要なファッションアイテムのひとつです。質の良い高価な腕時計を購入したならば、より見栄えよく見につけるために、自分に合わせて調整することやベルトのお手入れをすることも重要となります。今回は、時計の中でもファッションアイテムとしての要素の高いローズフィールドの時計について紹介します。

ローズフィールドの時計とベルト

ローズフィールドとは、オランダのアムステルダム発祥の時計ブランドのひとつです。そのブランド名の由来は、かつてのアメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトのオランダ語表記であり、彼は祖先にオランダ人を持つといわれています。日本では2017年ごろから取り扱いが始まり、SNSで見栄えするデザインであったことから爆発的な人気を得るようになりました。そのようなローズフィールドの時計は、オランダの時計としての機能性とファッション性を兼ね備え、シンプルかつ上品なデザインから、男女ともに人気が高く、時計初心者にもお勧めの時計として有名です。

ローズフィールドは、日本では主に5つのコレクションを発表しており、それぞれベルトが特徴的です。ステッチが入ったレザーベルトのバワリーにモダンなデザインでカジュアルファッションにもよく合うなめらかなレザーベルトのグラマシー、ステンレス製の光沢あるスチールベルトが特徴のマーサー、女性的でかわいらしいデザインのトライベッカ、そしてヌバックレザーベルトのウエストビレッジとなっています。特徴的なベルトをしているからこそ、ローズフィールドの時計はベルトの調整やお手入れが重要となります。

ベルトの調整方法

ベルトの長さが短すぎると時計をはめることができず、長すぎると時計が落ちてしまううえに、だらしがない印象を与えてしまいます。ベルトの長さを調節することは、おしゃれに身に着けるためには重要です。ベルトの長さを調節するためには、ベルトの中心部分にある金具を開かなければなりません。金具の中心部の穴に、付属のバネ棒を外すためのY字側部分を差し込み、上に持ち上げます。長いほうのベルトの金具を動かして、サイズを調節します。丁度よい位置になったならば、金具を下に戻し、開いた金具を元に戻して終わりです。

ベルトの付け方と外し方

ローズフィールドの時計には、ベルトと本体をつなぐバネ棒部分につまみがついています。ベルトを取り外す際には、つまみを内側にスライドさせたままベルトをずらすことによって本体とベルトを離すことが可能です。もう一方も同様に外します。反対にベルトを付ける際には、時計を裏返しにして、内側にある穴に、ベルトについているバネ棒をひっかけ、バネ棒のつまみを引きながらベルトと本体をくっつけます。はめ込まれた音がしたら終了です。

ベルトを美しく保っておしゃれに

ローズフィールドの時計は日本では5つほど発表されており、そのいずれもベルトの美しさが特徴のひとつです。ベルトひとつのお手入れでファッションの良し悪しが決まることもあります。ベルトの長さを調節したり、取り外してきれいに磨いたりして、美しい状態のベルトを保つことがひとつのおしゃれになるので、きれいなベルトを保ち時計を楽しんでください。

ローズフィールドの時計はどんな年齢層におすすめなのか

ローズフィールド(ROSEFIELD)はオランダのアムステルダムで生まれたブランドです。このローズフィールドはオランダ発祥でありながらニューヨークのデザインも取り入れているブランドです。そのため、ブランドロゴにはアムステルダムの「AMS」とニューヨークの「NYC」が記載されています。ここではこの独自のデザイン性をもつローズフィールドがどんな年齢層におすすめなのかを紹介していきます。

オランダとニューヨークの文化を合わせてできた独自のデザイン

オランダ生まれのブランドですが、前述したとおりニューヨークの名前も冠しています。そのためローズフィールドの時計にはオランダとニューヨークのデザインが取り込まれていて、シンプルなデザインの中にも他にはない独自性のあるデザインになっています。この独自性のあるデザインがシンプルでありながら存在感のある時計を作り上げ、多くの人が魅力を感じている要因であり、ローズフィールドの大きな特徴の1つです。さらに数種類あるコレクションの名前にはそれぞれニューヨークの通りや地域の名前が使われており、ここからもニューヨークへの強い思いを感じられます。

おすすめの年齢層は?

ローズフィールドはそのシンプルなデザインから幅広い年齢層に楽しまれています。シンプルなデザインの時計はサイズがあまり大きくないものも多く、ファッションにさりげなく取り入れられるところもうれしいポイントです。ストラップは工具を使わず簡単に付け替えができるのでその日の気分で使い分けたりすることもできます。さらにストラップはレザーやメッシュタイプのものなどがあるので、好みの素材や色で自分だけのオリジナルとして楽しむことができます。シンプルで飽きのこないデザインに加えてストラップのカスタマイズで長い間楽しめるので、年齢に合わせて長く使っていくことができます。

テレビドラマや芸能人の方が使われているところを見ると一見女性向の時計のようにも見えますが、コレクションにはレディースものだけではなくユニセックスでの展開をしているものも多くあり、文字盤のカラーリングなどメンズものとしてもとても魅力的なものがそろっています。そのため男性女性問わず長年使えるローズフィールドの時計はペアウォッチとしてもおすすめです。

きっとお気に入りの1本が見つかります

ローズフィールドはそのシンプルで落ち着きのあるデザインや簡単に付け替えのできる種類豊富なストラップでいろんなシーンに合わせることができ、普段の生活をさりげなく彩ってくれる時計です。いつものファッションに取り入れても違和感なく溶け込んでくれるので、お気に入りのカスタマイズで楽しんでみてはいかがでしょうか。

ローズフィールドの時計に興味があるなら人気色をチェックしよう

ローズフィールドの腕時計に憧れる方が増えています。もしも身につけたいと思っているなら、ローズフィールドの人気色について調べてみましょう。なぜなら、カラーのバリエーションが豊富だからです。好みのカラーを選べば、モチベーションがアップしますね。ファッションコーディネートの参考にもなりますので、ローズフィールドの人気色は要チェックです。

人気が高まっているローズフィールド

ローズフィールドは女性からの支持が高い腕時計のブランドです。優美でエレガントなデザインが特徴ですから、ローズフィールドの腕時計を身につければ、ワンランクアップのお洒落を楽しむことができます。また、過剰な装飾がありませんので、ビジネスシーンにもふさわしい腕時計です。お気に入りの腕時計をつけて仕事をすれば、モチベーションアップにつながります。また、機能性が優れているために、丈夫で長持ちします。定期的にお手入れをすれば、故障する心配がありません。こまめにメンテナンスを依頼することがポイントです。長く愛用したい女性におすすめの腕時計です。幅広い世代の女性から人気がありますので、ローズフィールドの腕時計はプレゼントにも最適です。

ローズフィールドはカラーのバリエーションが豊富

ローズフィールドはカラーのバリエーションが豊富です。ベルトのカラーが豊富ですから、好みで自由に選べます。ピンクやイエローなど、女性から大人気のカラーはもちろん、ベージュやブラウンなど、シックなカラーもそろっています。さらに、個性的な腕時計を身につけたいなら、ブルーやグレイのベルトはいかがでしょう。ほかにも、シックなファッションを楽しみたいなら、ブラックやシルバーのベルトがぴったりです。また、いろいろなカラーのベルトをそろえておけば、好みで自由に付け替えることができますから便利です。また、盤面はホワイトのほかにブラックも販売されています。インパクトの強さを求めているなら、ブラックの盤面で自分らしさを演出しましょう。

ローズフィールドでは新作モデルを定期的に発表しています。流行のカラーを知りたいなら、こまめにチェックすることが大切です。店舗やサイトで積極的に情報収集をすれば、人気色が分かります。

こまめに情報を集めることがコツ

ローズフィールドは女性からの支持が高い腕時計のブランドです。女性らしいデザインが人気の秘密ですから、腕時計の購入に迷っているなら、ローズフィールドを選びましょう。ベルトのカラーはバリエーションが多いです。人気色をチェックして、ファッションシーンに合わせてベルトを交換すれば、お洒落なコーディネートを楽しむことができます。