ムーモ(moomo)はVIOラインやデリケートゾーンにも使える?

ムーモVIO

自宅で簡単全身除毛がでるというムーモは、VIOラインやデリケートゾーンには使えるでしょうか。
公式ページを見ると、ムーモはうなじから足の指まで全身に使えるようです。
ですが、VIOラインやデリケートゾーンに使えるという記載はどこにもありません。
口コミなどを見ると、実際にはVIOラインやデリケートゾーンに使ってきれいになっている人は結構いるようです。
ただ、その部分専用というわけではないので使う場合は自己責任でというのがメーカー側の主張になっています。
実際に使う場合は、必要な部分以外に付かないように注意し、脱毛の後はクリームが残らないようによく洗い流しましょう。
また腕や足などと比べて皮膚がデリケートですから、少しだけ使って異常がないことを確かめてからのほうがいいでしょう。
使ってみて違和感やトラブルがないようであれば、カミソリで剃るよりも安全に脱毛できるという良さがあります。
また、エステや美容皮膚科に行くよりも経済的だし簡単で楽です。
保湿力や抗菌力、抗炎症力の期待値が高い成分が配合されているムーモは、敏感肌でも大丈夫なので通常は問題ないと思われます。
ムーモは、VIOラインやデリケートゾーンには使えるけど使う場合は自己責任ということですね。


ムーモVIO

ムーモ(moomo)は男性の顔の髭にも抑毛効果はある?

男性の剛毛でもOKなムダ毛ケアのムーモは、男性の顔の髭にも使えるのでしょうか。
たしかにムーモには、シアバターやシソエキスといった肌トラブルを回避してくれそうな成分が入っています。
それに炎症を抑える力も期待できるから、デリケートな口の周りでも使えるのかなと思ってしまいますね。
でも、公式ページではうなじから足の指の付け根までケアできることがアピールされていますが、顔については表示がありません。
ということはメーカーが勧めていないわけですから、基本的に使えないということになるでしょう。
口の周りの皮膚はかなりデリケートですし、大切な唇があることや、口に入るリスクを考えると使わないほうが賢明です。
すぐ上には鼻がありますから、その中に入っても危険です。
口からは離れているといっても目も顔の中にありますから、万が一そこに入って視力を失うことにならないとも限りません。
また、ムーモは永久脱毛を目的としていませんから、毎日生えてくる髭に向いているとはいえないでしょう。
顔への使用はメーカーも勧めていないようですし、リスクが大きくメリットもあまりないのでやめた方がいいようです。
ムーモを髭に使って問題なかったという人もいるかもしれませんが、リスクとメリットを差し引きすると男性の顔の髭にはNGというのが答えになります。

ムーモ(moomo)が市販されている取扱店舗はどこ?

SNSでも話題の除毛クリームのムーモを市販している取扱い店は、どこにあるでしょうか。
価格.comでムーモを最安値で売っているお店はamazonで、2,940円で売られていました。
楽天では一番安いのが5,000円代で、2本以上で売っているのもこれに準じています。
ではamazonで買うのが一番お得かと思いますが、もっと安く買えるお店があります。
それは公式サイトで、1本トクトクコースで初回限定で980円で購入でき送料無料で、通常価格が6,600円なので85パーセントオフになります。
2回目から4回目が30パーセントオフの4,620円でこれも送料無料、5回目以降もお買い得価格です。
これよりお得な2本+1本トクトクコースもあり、初回限定で90パーセントオフの1,960円で購入でき、こちらも送料無料です。
こちらは2回目から4回目が53パーセントオフの9,240円でこれも送料無料とさらにお得です。
そしてこちらも5回目以降もお買い得価格で購入可能です。
楽天やamazonでも購入可能ですが、初回の大幅割引が受けられるのは公式サイトだけのようです。
トクトクコースは4カ月の継続が条件で、長くお得に続けたい人のための取扱い店舗は公式サイトということになりますね。


ムーモVIO