リッドキララでまぶたのくぼみはフィルムジェルで目立たなくなる?

リッドキララまぶたくぼみ

見た目年齢を一気に老けさせるだけではなく、アイメイクも綺麗に仕上がらないまぶたのくぼみに悩んでいる方も多いでしょう。
そんなまぶたのたるみを皮膜で引き上げるとされるリッドキララは、くぼみを解消してくれるのでしょうか。
リッドキララというのは、化粧品を取り上げることが少ない医学と薬学という雑誌に掲載された実績を持つまぶた用アイケアジェルです。
医療関係者が読む雑誌に取り上げられるほど効果が期待できるのは、カラスムギ殻粒エキスや加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオールが配合されているからです。
あまり耳慣れない成分ですが、これらの成分は薄い皮膚にハリを持たせる即効性があると言われています。
さらに、ハリ弾力成分として有名なコラーゲンやエラスチンも配合されています。
外側と内側からケアをすることで、デリケートなまぶたにハリを与え、重力に逆らってくぼみをフィルムジェルで目立たなくするのがリッドキララです。
まぶたがくぼむのは、ハリが失われているからです。
ですので、リッドキララでハリを与えることでくぼみをフィルムジェルで目立たなくする効果が期待できるのですね。
まぶたにハリを持たせると負担がかかるのでは、と心配になるかもしれませんね。
ですがリッドキララは化学成分で無理に引っ張り上げるわけではなく、保湿成分もたっぷり入っているので、安心してまぶたケアができます。


リッドキララまぶたたるみ

リッドキララで眼瞼下垂は解消しないの?

眼瞼下垂は、簡単に言うとまぶたの筋肉をつなぐ腱が断裂してまぶたがたるむ症状です。
リッドキララはまぶたのたるみ改善に効果的なので、眼瞼下垂の解消への効果を期待する方もいるかもしれませんね。
厳密に言えば、眼瞼下垂を治すには手術が必要です。
しかし目を守る役割を持つまぶたを手術するのは不安があるでしょう。
もし、重度の眼瞼下垂でなければ、リッドキララを使うことで症状を緩和出来る可能性はあります。
まぶたを支えているのは瞼板というコラーゲンのかたまりと筋肉です。
このうち、瞼板に関してはリッドキララがアプローチ出来る可能性があるのです。
リッドキララにはコラーゲンとエラスチンが配合されていますから、補給し続けることで瞼板を強化します。
さらに、皮膚の形成をサポートするカラスムギ殻粒エキスと加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオールが配合されています。
これらの成分が外側からしっかりまぶたを支えることで、瞼板への負担を軽減し、眼瞼下垂の症状を解消する効果が期待できるのですね。
ただし、リッドキララは薬ではないので、確実に眼瞼下垂を解消出来るとは言い切れません。
安全性が高いので症状緩和には役立ってくれますが、しっかり治したいという方は医療機関で診てもらいましょう。


リッドキララまぶたたるみ