フレナーラとテサランではどっちが手掌多汗症に効果があるの?

フレナーラ口コミ

フレナーラは手汗対策用制汗ジェルクリームです。
手汗の原因となるエクリン線の働きを抑えてくれます。
低刺激なので敏感肌の人でも安心です。


フレナーラとテサランではどっちが手汗対策に効果があるの?

意識すると余計に止まらなくなる手汗に悩む人も少なくありません。
そんな手汗を対策するクリームにフレナーラとテサランがあります。この2つの違いを徹底比較してみました。

フレナーラには、クロルヒドロキシアルミニウムやイソプロピルメチルフェノールといった有効成分が含まれています。
これらの成分をナノ化して、手汗の原因であるエクリン汗腺へより浸透しやすくしているでしょう。
また天然エキスを使用しているため、肌への刺激となるものが少ないです。
テサランもクロルヒドロキシアルミニウムとイソプロピルメチルフェノールを配合しており、制汗・防菌・防臭作用を持っています。
こちらは有効成分を3D乳化して、塗布した瞬間にスッと浸透するよう作られているでしょう。
無添加にこだわっているため、敏感肌や子供でも安心して使えます。
有効成分は全く同じものを配合していますが、フレナーラは、より添加物が少なく肌に優しい成分でできているでしょう。
一方でテサランには耐水性があり皮膜形成力も強いです。
また1日3回使用した場合、フレナーラは1本で約1ヶ月、テサランは約3か月使用できます。

フレナーラとテサランにはどちらも同じ有効成分が配合されていますが、他の成分や耐水性などに違いがあります。
また1本あたりの持ちにも違いがありますので、自分に最適な方を選択してみてください。

フレナーラは使い方次第で制汗効果が変わる?

手汗用制汗ジェルフレナーラの正しい使い方をご存知ですか?
最適な使い方を知っておけば、より高い効果を感じられます。

フレナーラは、塗りやすく伸びの良いジェルを採用しています。
塗布した瞬間はややベタつきを感じますが、すぐにエクリン汗腺まで浸透して乾き、サラっとした感覚になるでしょう。
ジェルタイプは浸透力が高いですが、乾くまでにやや時間がかかります。
色は無色で香りもほぼありません。
使用頻度は朝と晩に1回ずつがベストです。
1度に2回~3回プッシュして手のひら全体に馴染ませましょう。
もちろん状況によっては日中に使用しても問題ありません。
使用量も手のひらの大きさに合わせて調節してください。
また塗り方はたださらっと広げるだけではなく、手のシワや指の間まで念入りに塗り込むのが良いでしょう。
あとは毎日継続して使い続けてください。
どうしても皮膚表面から成分を吸収するタイプのものは、効果が現れるまでに時間がかかってしまいます。
即効性を求めるのは難しいですが、1か月に1本を目安に使っていれば、しっかりと効果を実感できるでしょう。

フレナーラの効果的な使用方法は、朝と晩に1回ずつ、手の隅々までしっかりと塗り込むことです。
正しい使い方を心掛ければ、より早く効果を得られます。