セタフィルは新生児の赤ちゃんにいつから使っても大丈夫なの?

セタフィル新生児

新生児、つまり赤ちゃんと言えばお肌がツルツルでプルプルだから何の問題もないと考えている人は非常に多いのではないでしょうか。

実は赤ちゃんは、生まれたばかりということもありお肌が弱いという特徴があります。

そのため、ちょっとしたことで乾燥肌になってカサカサになったり、かゆみがでてしまうというわけです。

そんな状況を改善するために今注目を集めているのが、セタフィルと言うボディケア商品です。

ここでは、乾燥肌の新生児がどうやってお肌の調子を良くするべきかを見ていきましょう。


そもそも新生児が乾燥肌になる原因とは?

では、そもそも新生児が乾燥肌になる原因についてチェックしてみましょう。

皮膚が薄いことによる乾燥肌

新生児と言えばまだ生まれて間もないこともあり、大人と比べると皮膚がより薄いという特徴があります。

その皮膚の薄さは赤ちゃんで0.1ミリ、大人で0.2ミリほど。

この0.1ミリの差がとても大きい訳です。

なぜなら皮膚が薄ければ薄いほど肌が乾燥しやすくなるからです。

皮脂量の変化による乾燥肌

肌の潤いを保つために、皮脂の量が非常に大切ということをご存知でしたでしょうか。

この皮脂の量が少なくなると、乾燥肌になりやすくなります。

赤ちゃんが生まれてから約3カ月くらいは、皮脂の量がとても多いのですが、それ以降になると急激に減ってしまいます。

新生児の乾燥肌を放置することで起きる症状

大人になって乾燥肌になっても、大きな影響がなくそのまま放置されがちですが、新生児の場合はどうなのでしょうか。

アトピー性皮膚炎になってしまう可能性

赤ちゃんだからこそ、よく解らないものは肌につけたくないというのが心情ではないでしょうか。

それを肌に塗ったことで、赤ちゃんにとって良くないこともあるため、極力避けたいものです。

ですが近年、新生児からしっかり保湿をしておくことで、アトピー性皮膚炎の可能性が減ったという事実もあり、ケアすることがとても大切になってきました。

肌荒れの部分からゴミやダニの破片が侵入する可能性

赤ちゃんが肌荒れをおこしてしまうと、その荒れた部分から小さなゴミやダニの破片が入り込み、そこからアレルギーになってしまうこともあります。

また肌荒れがひどくなるほど、アレルギーになりやすくなります。

これらの要因があるため、新生児に何もしないというよりかは、何かしらのケアをしてあげなければならないということです。

新生児の乾燥肌を良くするためにやるべきこと

もし、新生児の乾燥肌が気になった場合、どのようにして良くすればいいのでしょうか。

紫外線の強い時間帯は外出を避ける

お昼時の気温が高くなる時間帯になると、強烈な紫外線が降り注いでいます。

紫外線は大人も子どもも関係なく、お肌に悪影響を及ぼしてしまいます。

なぜなら紫外線は、お肌のうるおいをなくしてしまう作用があるからです。

大人の場合は仕事や事情があって、外出をしなければなりませんが新生児はそうではありません。

どうしても外出しないといけない場合は、紫外線のもっとも強い朝の10時から14時までを避けるようにしましょう。

また、直接の紫外線を避けるためにも、露出の少ない服を着させ帽子の着用を徹底することが重要です。

お肌を清潔に保つこと

新生児のお肌を守るためには、とにもかくにもお肌を清潔にし続けることが重要です。

またお肌を清潔にすると同時にしっかりうるおいを与えましょう。

うるおい、つまり保湿をしっかりすることでいつまでもモチモチのお肌を維持することができます。

とはいえ、新生児にとってはどんなことでお肌を清潔に保ち続けることができるのでしょうか。

それは、新生児でも利用できるボディウォッシュとボディローションを併用することです。

今はさまざまなボディウォッシュやボディローションが販売されていますが、新生児に合わなければ意味がありません。

予想以上に洗浄力が強いものですと、必要な油分をゴッソリもっていかれ余計に肌の調子が悪くなってしまうこともあります。

お母さんお父さんもしっかりツメを切るように

新生児自身も、いろいろ気をつけなければなりませんが、それ以上にお父さんやお母さんも注意しなければならないことがあります。

それは手のツメが伸びすぎていると、赤ちゃんを触ったときに肌を傷つけてしまう可能性があるからです。

とくに女性は、オシャレでツメを伸ばしてしまいがちですが、生まれたばかりの赤ちゃんがいるのであれば、子どもを優先するようにしましょう。

新生児に合うボディウォッシュやボディローション

新生児の体を洗ったり保湿をする際に、どのようなものを使えばいいのかを非常に迷われるのではないでしょうか。

そこで、新生児にピッタリのボディウォッシュやボディローションの特徴をチェックしていきましょう。

低刺激のものを使う

今は、洗浄力や香料がとても強いケア商品がたくさん売られています。

しかし、そのようなものは新生児に利用してはいけません。

赤ちゃんの肌はとても敏感なため、適当なケア商品を使うとかえって余計に肌の調子が悪くなってしまうことにも。

そのため、低刺激なケア商品を使うことがとても重要です。

お母さんお父さんでいちど試してみる

なんでもそうですが、自分たちが使ったことのないボディウォッシュやボディローションを新生児に使うのはとても抵抗があるはずです。

商品が良くても、お肌に合わなかったらどうしよう、となってしまう訳です。

ですからまずはお母さんお父さんでいちどそのケア商品を試してみて、何の問題もないようであれば新生児に使うことをおすすめします。

乾燥肌を良くするためにはセタフィルがおすすめ

新生児の乾燥肌でお悩みでしたら、世界50ヵ国で愛用されてる「セタフィル」がおすすめです。

セタフィルとは、70年以上の歴史があるお肌のケア商品のことを表します。

しかも、ボディウォッシュやボディローションは超低刺激のため新生児でも使えるというメリットがあります。

ケア商品でこれだけの歴史があるのは、かなり安心なはずです。

では、なぜそれほどまでにセタフィルが支持されているのかを見ていきましょう。

薬剤師がセタフィルを作った

「皮膚を愛する」をモットーに作られたセタフィル。

そのセタフィルは、もともとアメリカの薬剤師が患者のために開発したのがきっかけでした。

お肌につけるものですし、誰が作ったのかも解らないようなものでしたら新生児に利用するのはとっても心配なもの。
このように専門知識をもった人が開発したのであれば、より安心して利用できるのではないでしょうか。

世界初!フィラグリンとセラミド配合

このフィラグリンとは、タンパク質の一種で肌のバリア機能があります。

とくに刺激に弱い新生児にとっては、このセタフィルのフィラグリンとの相性はバツグン。

また、セラミドとは人間の肌にある油分のことを表します。

このセラミドが不足してしまうと、肌の乾燥が目立ってしまいます。

ですが、セタフィルであればフィラグリンとセラミドでしっかりお肌を守ってくれます。

セタフィルで新生児のお肌をキレイに保とう

お母さんお父さんにとって、とっても大切な赤ちゃん。

その赤ちゃんが健康で清潔に過ごせるように、世界中でセタフィルが利用され続けています。

もし、新生児用のお肌のケア用品で迷っているのであれば、セタフィルを試してみてはいかがでしょうか。