ボンボンボロンの生理中、妊娠中、産後の効果的な飲み方とは?

ボンボンボロン生理中

ボンボンボロンは、理想のバスト作りに最適なバストアップアイテムです。
ただし間違った飲み方では効果が出ないので、効果的な飲み方をきちんと学んでおきましょう。
ボンボンボロンは1日4粒ほどの摂取が推奨されています。
4粒であれば朝昼晩に分けて飲めば良い、と思うかもしれません。
ですが正解は就寝前に4粒ほど飲むことです。
寝ている間には、成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは細胞を修復して体内機能を回復させる働きをしていますが、名前の通り体の成長にも関わっています。
バストへの働きで見ると、女性ホルモンを活性化することで、胸を大きくする乳腺を発達させて成長を促します。
その成長ホルモンが分泌される時にボンボンボロンを飲むと、より効率よくバストアップをサポートできるのです。
ちなみに、成長ホルモンは就寝中にしか分泌されないので、寝る前の摂取がベストタイミングになります。
ただし胃の中が空っぽのタイミングで飲むと、胃に負担がかかってしまうため、夕食から就寝までの時間が長い方は食後に飲むようにしましょう。
ボンボンボロンを飲む上でもう一つ大事なのが、必ず毎日摂取することです。
たまにしか飲まない、飲み忘れが多いというのでは効果が出ないので、毎日同じタイミングで飲めるよう服用時間を決めておくのも効果的な飲み方と言えます。


ボンボンボロン生理中

ボンボンボロンは生理中に飲んでも大丈夫?

ボンボンボロンには、名前の通りボロンという成分が入っています。
ボロンは女性ホルモンの分泌を促すと言われていますが、分泌量が変化する生理中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。
バストアップのキーポイントとなるのは女性ホルモンです。
女性ホルモンには、女性の体を女らしく整える働きがあり、バストが大きくなるのもその働きの一つです。
バストの大きさは乳腺の発達によって決まりますが、この乳腺の発達に関わるのが女性ホルモンなのです。
ボンボンボロンには女性ホルモンの分泌をサポートするボロン(ホウ素)が含まれています。
そのためバストアップ効果が期待できるのですが、生理になると女性ホルモンの分泌バランスが崩れます。
分泌量が不安定になっているときに女性ホルモンへ作用を与えると、エストロゲン過多になる可能性があります。
エストロゲンはバストアップに欠かせませんが、分泌過剰になると婦人科系疾患の発症リスクが高くなるのです。
ですので、ボンボンボロンは生理後から排卵日までは飲んだ方がよいのですが、生理中には飲まない方が良いと言えるでしょう。
ボンボンボロンに限らず、生理中はホルモンに作用して効果をあげるダイエット食品なども摂取を控えることが推奨されています。
生理中は体の自然な状態で女性ホルモンを分泌させる方が安全なので、生理が終わるのを待ってから飲むようにしてください。

ボンボンボロンは芸能人からも評価されている?

美容アイテムを選ぶ時は、やっぱり芸能人が使っているかどうかも判断基準になりますね。
ですので、ボンボンボロンも芸能人から評価されているのか気になる方も多いでしょう。
SNSではブロガーに大人気のボンボンボロンですが、現時点では芸能人に愛用者はいないようです。
そう聞くと、ボンボンボロンは効果が低いから芸能人は使っていないんだ、と思うかもしれません。
ですが芸能人がインスタやブログなどにアップしている商品は、基本的に宣伝です。
いかにも愛用しているようなコメントと共に商品写真をアップしていますが、その下には必ず公式サイトに飛べるリンクが貼られています。
このリンクはその芸能人用のリンクで、アクセス数や購入数によって収入が発生する仕組みになっています。
簡単に言ってしまうと、芸能人がSNSにアップしていても、それはコマーシャルであり本当の愛用品ではないことが多いのです。
ですのでボンボンボロンを紹介している芸能人がいないとしても、それが効果のあるなしを評価する判断基準にはならないのですね。
芸能人が評価していなくても、ボンボンボロンを評価している美容家やブロガーはたくさんいます。
逆に芸能人にステマを依頼していないということは、それだけ商品の効果に自信がある証拠と言えるかもしれませんね。


ボンボンボロン生理中